岩切章悟

未知の環境から得る感覚をイメージにして絵を描く製作を好み 数十カ国もの国に絵を描く旅をする
中でも強く影響を受けたのが中南米を中心とするラテンアメリカ先住民文化であり
彼らとの生活を通しシャーマニズムに触れ その経験が自身の絵画世界の中にも大きく反映されていく
2007年から約2年半のラテンアメリカへの旅を終え2009年 帰国
個展や 壁画製作 LIVE PAINTを中心に日本での活動を再開
2011年 東日本大震災を機に 循環をコンセプトとした[★ con tierra ☆] シリーズを発表
2017年8月 2011-2016年までのシリーズ代表作を収録した1st ART BOOK " con la tierra " を出版する

Works