ARTIST

吉澤 舞子

吉澤 舞子

「希望のつくり方」をテーマに置き、画面に物語性を持って岩絵具やアクリル絵の具を用いて作品を制作している。モチーフには、人の身体や器官を扱い、様々なものにメタモルフォーゼしていく様子を描くことで、身体、精神の可能性を表現する。絵画制作の他にも、パフォーマンス、舞台などのボディーペインターとしても活動中。

略歴
1987年 千葉県生まれ
2008年 女子美術大学短期大学卒業後、多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻へ三年次編入
2012 年 同大学院修了

主な個展
2022年 「アトラスを開く」(東京/GalleryQ)
2020年 「乱反射の器」(東京/GalleryQ)
2018年 「Dear Puzzle」(東京/高円寺CLOUDS)
2017年 「Numb」(東京/銀座 アートスペース羅針盤)

主なグループ展
2020年  New Horizons 2020(アメリカ ウィスコンシン/ Milwaukee Var West)
2018 年 Baltimore Art, Antique & Jewelry Show(アメリカ/Beltimore)
Art Gwangju 2018(韓国/光州KDJ Convention Center)
風の会展(イタリア/Accademia delle Arti del Disego)
ART ASIA 2018(韓国/ソウルKINTEX)
2017 年 三井不動産マネジメントオフィス展(東京/日本橋三井不動産会議室)
2016 年 META real(神奈川/神奈川県民ホールギャラリー)
2014年 あく・がる[憧る]展(東京/千代田アーツ3331・アキバタマビ21)

CONTACT

各サービスについての詳細やお見積もりは
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ(営業日以内にご連絡)
お電話でも(平日10:00 - 19:00)