山下良平

「躍動」を一貫したテーマに作品を制作。代表作はサムライやアスリートシリーズ。自身のアートブランド「LIKE A ROLLING STONE」を立ち上げ作品の発表を行う。 2015年、アートフェア「UNKNOWN ASIA」で「イープラス賞」を受賞。

コマーシャルアートの分野ではマガジンハウス「Tarzan」 表紙をはじめ、ナイキなどスポーツやアスリートに特化したビジュアル作成、 横浜マラソン公式ビジュアル作成などを手がける。

最近の主な実績は、東京メトロ銀座線パブリックアート、トヨタ自動車2020年カレンダー、セーリング五輪日本代表チーム公式ビジュアル、アキレス「瞬足」アートワークなど。

略 歴
1973年 福岡生まれ
1994年 ストリート絵師活動開始
1996年 九州芸術工科大学 画像設計学科 卒業
2002年 アトリエを横浜に移す。「現代絵師」設立 イラストレーターデビュー。
2008年 FM802、アーティスト発掘プロジェクトdigmeoutオーディション通過
2008年 初個展「ART ADVENTURES」開催 画家デビュー。
2009年 SUMMER SONIC にてライブペイントパフォーマンス参加
2010年 アートブランド「LIKE A ROLLING STONE」設立。
2012年 大阪、東京、福岡で巡回個展「BUMP!」ツアーを開催。
2015年 アートフェア「UNKNOWN ASIA」で「イープラス賞」受賞。
2019年 アトリエを湘南に移す。
2021年 絵場合同会社(EBA,LLC.)代表社員就任。


クライアント(広告主)
(株)FM802、(株)マガジンハウス、(株)ナイキジャパン、トヨタ自動車(株)、スターバックス コーヒー ジャパン(株)、アキレス(株)、(株)ブリヂストン、日本陸上競技連盟、(株)小学館、(株)西日本シティ銀行、KOKUYO、JRA、(株)幻冬舎、ソニー(株)、横浜マラソン組織委員会、(株)日本経済新聞出版社、(株)集英社、(株)幻冬舎、(株)ベネッセコーポレーション、駒澤大学 他多数

Works