株式会社ディー・サイン/後藤さま

オフィス設計を中心に、プロジェクトマネジメントやデザインを行い、柔軟なアイディアと洗練されたデザインで業界を牽引する株式会社ディー・サイン様。京橋にあるオフィスの執務エリア入り口の壁面のウォールアートのご相談を頂きました。 社内で行なったワークショップから出されたアウトプットをウォールアートに落とし込むことで、唯一無二のユニークなアートが出来上がりました。 それでは、インタビューしてみましょう!!

平山(ディレクター)

今日はよろしくお願い致します。無事に施工が終了しホッとしています! ディー・サインさんのオフィスである京橋TORSOは、もともととてもお洒落なのですが、どのようなコンセプトのオフィスなのでしょうか?

後藤さま

僕たちのオフィスはフラットというか、主張しすぎないことをテーマにしています。設計者もデザイナーもいるので、それぞれが好きに表現できるキャンバスのようなオフィスです。

平山(ディレクター)

そうなのですね。今回は執務エリア入り口にウォールアートを取り入れていただいたわけですけれども、施工した理由はありますか?

後藤さま

今回アートを描いたこの白い壁は、執務エリアに入るために毎日目にするもの。対外的にも目につく場所なので、何かアートがあるといいよね、と思っていました。 更にそのアートは、実際に働く僕たちの想いが反映されたものだと良いということで、ワークショップをして「えん」=(演、園、円)というテーマを決めましたね。

平山(ディレクター)

そうですよね。テーマを頂いたことは新鮮でしたが、とても面白かったです。テーマを頂いてから、今回担当したアーティストであるマエダさんと打ち合わせをしました。 マエダさんは、ストーリーを解釈して想像もつかないようなアートに落とし込むことがとても得意な方なので。

後藤さま

いくつかのアーティストさんのポートフォリオを拝見しましたがマエダさんは、僕らの「えん」を独創的に表現してくれて、なおかつ綺麗に収まりすぎずにいい意味で未完成の表現が出来るアーティストさんだと感じましたね。

平山(ディレクター)

そこがしっくり来て良かったです。 まず最初のヒアリングをさせていただいてから、マエダさんにラフ案を仕上げて頂いたんですが、クライアントさんから言われたものを書くというよりはディー・サインの社員の方々に会わせてもらって、その人柄や雰囲気をマエダさんなりに解釈して表現に落とし込みました。 割と思い切ったラフ案だったので、「気に入ってもらえるかは五分五分だね」なんて話をしてたんですよ。ラフ案についてはどう感じましたか?

後藤さま

ちゃんとディー・サインの持つ、個性豊かで活気溢れる雰囲気になっていて嬉しかったですね。テーマの「えん」から、僕らが思いつかなかった漢字である「宴」にまで昇華してくれたりして。予想以上のものが出て来たなと感じました。

平山(ディレクター)

ほとんど修正もなく、ラフ案をほぼそのまま壁面に描かせていただきました。

後藤さま

アーティストさんにはお任せした方が良いものができる、と経験上感じていました!!アーティストさんは表現のプロフェッショナル。プロには、良い材料だけ用意したら後の料理方法はお任せで、好きに調理してくださいねっていうやり方がベストだと思っています。今回はウォールアートという形で、それが成功したのかなと感じています。

平山(ディレクター)

実際に壁面に描いてる感じはどうでしたか?

後藤さま

思ったよりキッチリと細かく描くんだなと思いました。アートっていうと、その時の思いで筆を走らせるのかと思っていたけど、ラフ案を原寸大に印刷して、壁にあわせてしっかりとラインをなぞって。アシスタントさんが入れ代わり立ち代わり入って、皆で一つのものを作り上げていくっていうのも、「あ、チームでやるんだ!」って感じで、見ていてとても楽しかったです。

平山(ディレクター)

どのように壁に向き合うかはアーティストさんによって異なりますが、マエダさんは非常にきちんとされていて、ひとつひとつの表現にも気を配る方ですね。 出来上がりを見てのご感想はどうでしょうか?

後藤さま

色味なども壁面に合わせて少しトーンを落として頂いたり、最後までアーティストさんの感性を働かせてくれたんだなと思いました。惜しむらくは描いた場所が廊下部分なので、一気に全体を見ることができないことですね(笑)

平山(ディレクター)

今回は移動可能に出来るように、壁まで特設で設置いただきましたし、是非もし移動することがあれば全面のアートをお楽しみください!!どうもありがとうございました。
Client: 株式会社ディー・サイン
Place: 執務エリア
Size: 横6m×縦2m以内
Days: 5
Artist: マエダトシユキ
Interview