見ているだけでワクワク!!映画をテーマに旅人を迎えるPOPなウォールペイント

大阪は恵美須町のキュートなホテル

「泊まれるプライベートシアター」がコンセプト、株式会社SQUEEZEさんの運営する「Theatel Osaka Ebisu」のロビーにアートを描かせていただきました。施工を担当したのは、ポップでスタリッシュなアートワークを得意とするuno yoshihikoです。 左壁面は大阪といえば誰もが想起するモチーフをuno yoshihiko風にPOPに、中央はノスタルジーを感じさせるような巨大なシアター、右壁面はそんな映画を見ている個性豊かな観客たち?!ロビーフロア3面に渡ってお客さまをワクワクさせるようなアートワークが出来上がりました。 見ていると動き出しそうにチャーミングなアートの数々。大阪を舞台に、世界中の人に愛されるホテルになるように願いを込めて。
クライアント:株式会社SQUEEZE
場所:ホテルロビー
大きさ:横約6.5m×縦2m(3面合計)
制作日数:4日
アーティスト:unoyoshihiko
Interview