変革を続ける姿をオフィスのシンボルとして社員と共に描いた

変革を続ける姿をオフィスのシンボルとして社員と共に描いた



オフィスのリニューアルに伴い、長い廊下を活かしてシンボルアートを導入させていただきました。 全長11mに渡るウォールアート「KEEP MOVING」を描いたのは、アーティストの山下良平さん。


「躍動」をテーマに、思わず体が動いてしまうようなアートを描き続けている現代絵師です。
ウォールアート制作にあたっては、社員の皆様とワークショップを行いコンセプトをまとめるところからスタート。
「KEEP MOVING」という名前のアートのラフ案が完成しました。



盛り上がりも美しく、テクスチャーも生き生きと。 生で描いているからこそできる美しさです。



その後の制作に至るまで、山下さん指揮のもとさまざまな社員さんが筆をとり、実際に壁に描くところまで一緒に遂行しました。



見れば変革を後押しするようなパワーが湧く大きく迫力のあるウォールアート。
ずっと愛されるアートになりますように。
Client: 外資保険会社
Place:執務エリア 廊下
Size:横11m、縦2.5m
Days:10
Artist:山下良平