WORKS

群衆を表すカラフルなドローイングと、川崎という街の要素を取り入れた現代的なウォールアート
富士通株式会社

群衆を表すカラフルなドローイングと、川崎という街の要素を取り入れた現代的なウォールアート

富士通株式会社 川崎オフィスのウォールアート。「信頼」「共感」「挑戦」と3つの富士通が大切にする価値観と、このオフィスが所在する「川崎」をテーマとして、執務エリアに「ビジョンウォール」を作成しました。
提供:コクヨ株式会社 撮影:SS企画

22Fのフロアはアーティストの日比谷泰一郎が担当。一人一人の肖像を群衆へと落とし込んだときに生まれるエネルギーを、暖かくダイナミックな色彩で描くアーティストです。
アートのメインのテーマとしたのは「挑戦」。 挑戦には個人で為し得る範囲のものもありますが、斬新なアイデアであればある程、理解者や協力者が必要です。 一人のアイデアが理解者に連鎖して行き、いつの間にか皆の挑戦、組織としての挑戦、と巨大化し、新しいステージへ踏み出していく。そのようなイメージに図柄を合わせて表現しました。
所々にある鱗紋様は脱皮を表し、古来より厄除けの意味があります。また、背景には川崎駅〜羽田空港に至るまでの地図の形状をシルエットとして取り入れ、川崎から羽田空港へと向かい22世紀へ飛び立つ構成となっています。 右上にははっきりと描かれた「22」という数字。22世紀に飛び立っていく様をイメージしていますが、あまり説明的にはせず、鑑賞者の意図に委ねられています。

INFOMATION

群衆を表すカラフルなドローイングと、川崎という街の要素を取り入れた現代的なウォールアート
富士通株式会社
Client: 富士通株式会社
Place:執務エリア等
Size:横17m、縦1.6m
Days:10
Artist:日比谷泰一郎
SPACE DESIGN: コクヨ株式会社

オフィスにARTを検討してみたい

オフィスにARTの導入を検討されているご担当者さま、
まずはお気軽にご相談ください。

Contact Us

CONTACT

各サービスについての詳細やお見積もりは
こちらからお問い合わせください。

お問い合わせ(営業日以内にご連絡)
お電話でも(平日10:00 - 19:00)