「粋でやんちゃ」な世界観を絵巻物のように描いた、流れるような書の世界

「粋でやんちゃ」な世界観を絵巻物のように描いた、流れるような書の世界


信頼から始まる挑戦は、波にのって大海原へ漕ぎ出でる。
そしてそれは美しい花を咲かせる吉野の桜のように、粋な輝きを放つ。そんなストーリーやチャレンジに後押しするような言葉などを、一枚の絵巻物のように表現しました。



NTTデータ グローバルソリューションズ関西のヘッドオフィスということで、関西に関わるモチーフを背景に詰め込んでいます。吉野の桜、姫路の白鷺。背景には良く見ると、銀色のインクで゙関⻄や挑戦にまつわる和歌や言葉が描かれています。

ー熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな/額田王 ー熟田津で船に乗ろうと月が出るのを待っていると、潮の流れも(船出の条件と) 合致した。さぁ、今こそ漕ぎ出そう。 ー




描いたのは書家・白石雪妃。流れるような筆致で、流麗かつ力強い線を演出しました。



数々の先人の言葉が張り巡らされたユニークなオフィス。業務中にきらりと光り、心に止まる一言になりますように。

Client: 株式会社NTTデータ グローバルソリューションズ
Place:執務エリア
Size:横10m以上、縦2m以上
Days:12
Artist:白石雪妃